1. >
  2. 事業のご案内 : 交通文化事業>
  3. パブリックアート>
  4. アートギャラリー

東京藝術大学アフガニスタン特別企画展
「流出文化財~バーミヤン大仏天井壁画とともに~」

アフガニスタンでは、内戦の混乱下で貴重な文化財が海外へ持ち出されてきましたが、故・平山郁夫画伯は流出した文化財の保護を国際社会に訴え、自らも「流出文化財保護日本委員会」を組織し、102点もの流出文化財を「文化財難民」として保護してきました。
東京藝術大学では、古くより伝承されてきた伝統的な模写の技術と、現代のデジタル撮影技術や2D・3Dの印刷技術を融合させ、流出または消失した文化財を再現し、高精度かつ同素材同質感の複製「クローン文化財」を制作しています。
この度、アフガニスタンへと流出文化財を返還することになるにあたり、貴重な文化財の細部まで再現した高精度な複製と、復元したバーミヤン東大仏天井壁画の図像をご高覧ください。

展示期間
2016年3月下旬~6月下旬予定
設置場所
東京メトロ 日比谷線 銀座駅コンコース(B7・B8出入口付近)
お問い合わせ
運営管理に関するお問い合わせ先
公益財団法人 メトロ文化財団 公益事業部
電話:03-3253-6948 (10:00 ~ 17:00 土・日・祝日を除く)

展示作品に関するお問い合わせ先
東京藝術大学GOI拠点 Arts & Scinence LAB.
電話:050-5525-2485